甲佐町 坂本梅林(2020年)

2020年 2月 6日   甲佐町 坂本梅林(2020年)
 甲佐神社を過ぎてすぐ緑川沿いに約500mに渡って梅が満開に近く見頃に咲いていました。樹齢も80年を過ぎ貫録のある木々が列をなして咲いており、その下を歩いて見ることができました。近くには九州電力・新甲佐発電所も見え、所々に緑川の流れも眺められました。
 6月頃には、梅の実取も楽しめる「宮内梅まつり」も行われるようです。
 写真で見ると、知らないような風景の写真を見た覚えがあり、訪れる前に農産物直売所「ろくじ館」で他にも「坂本梅林」と呼ばれる場所があるのかお聞きしてみましたが無いそうで、店内に販売されていた「坂本梅林」の梅から作られたジャムも見せて頂きました。
坂本梅林
 この梅林は、宮内小学校高等科男子生徒の農業科実習として、昭和11年から12年にかけて、当時の校長坂本壽雄先生指導のもと植樹された。この梅林を「坂本梅林」と命名する。』

kousa20020609.JPG新甲佐発電所も直ぐそこに見える場所です。
kousa20020606.JPG
kousa20020608.JPG
kousa20020610-0.JPG
kousa20020611-0.JPG
kousa20020610.JPG
kousa20020605-1.JPG
kousa20020605.JPG
kousa20020614.JPG
横には緑川も流れています。
kousa20020603.JPG
kousa20020604.JPG家の裏にも梅が続いていました。
kousa20020602-0.JPG
kousa20020601.JPG
下流側(甲佐神社側)の梅
kousa20020612-0.JPG
kousa20020612.JPG
場 所

この記事へのコメント

2022年09月11日 07:41
2022年 3月 3日   甲佐町 坂本梅林(2022年)
 緑川沿いに約500mに渡って植えられた梅、満開は過ぎた感じでしたが、まだ見頃の花を見られました。
 昭和11年から12年にかけて、宮内小学校高等科男子生徒の農業科実習として、当時の校長坂本壽雄先生指導のもと植樹された梅だそうです。

この記事へのトラックバック